愛媛輸入車ショウ2017

企画・イベント

ワンコイングルメフェス

ランチパスポートやスイーツパスポート掲載の人気店などを集めた、タウン情報まつやま厳選 ワンコイグルメフェス開催!

ワンコイングルメフェス
タウン情報まつやま
ヴィンテージカー特別展示

クラシックカー博物館としては、関西最大級のスケールと展示車両を誇るGLION MUSEUM(ジーライオンミュージアム)協力のもと、70年以上の時を経て、幻のヴィンテージカー4台がやってきます。新旧あいまみれる世界の名車をじっくりと心ゆくまでご堪能ください。

1930年 MG/M
ジーライオンミュージアム

MGの名前をスポーツカーメーカーとして轟かせるようになった、最初のミジェット。モーリスマイナーをベースとしており、1929年から32年の間に3235台が生産された。エンジンはSOHC、4気筒847cc。1930年5月9日・10日にブルックランズで開催されたBRITISH DOUBLE-TWELVE HOURS RACEでは5台が出場してチーム優勝をしてこのスタイルが一躍人気になり、当時30台ほどの工場生産のレプリカが生産販売された。現代に至っても非常に人気があり、Mtypeをこのスタイルやスペックに変更する人が多い。従って30台の12/12は工場生産(Factory Built)のレプリカ、それ以外はNot Factory Builtと区別している。Mtypeは現在日本にはトヨタ自動車博物館、河口湖自動車博物館、個人の所有を含め10台が生息しているが、ナンバーが付いているものは恐らく4台で、12/12は1台のみである。

1947年 ロールス・ロイス シルヴァーレイス
ジーライオンミュージアム

シャシーナンバー/WFC25、エンジンナンバー/w124c。紛れも無いH・Jミュリナー製のパッセンジャー・リムジンボディーを纏うシルヴァーレイス。
王室の「車馬課」のような担当ではなく、プリンセス・マリナ本人が購入したことがロールス・ロイス社の顧客台帳に「Princess Marina, Duchess of Kent」と彼女の名前があることからもわかる。

ケンジントン宮殿に納められ、彼女の公務において5年間の役目を終えた後、イギリス人マニアに引き取られ、さらにその34年後に日本にやってきた。

多大な手間と費用をかけられ、レストアされた70年以上前に作られたこのシルヴァーレイスは、旧露西亜銀行横浜支店をリノベーションした結婚式場に納められ、多くの新たな門出を見送った後、このミュージアムへやってきた。現在もリクエストにより、結婚式場までの送迎を行っている。

1941年 キャデラック シリーズ61
ジーライオンミュージアム

当時のキャデラックは50、60、70、75、80、85、90といった7シリーズ構成で V8、V12、V16のエンジン(4.1L~7.4L)があり、さらに様々なボディ形式が用意されていました。この車種構成で年間に約3万台弱を販売していましたが、ライバルのパッカードは約10万台を販売しておりこの頃はまだ負けていました。

1931年 フォード モデルA
ジーライオンミュージアム

1908年から20年間基本設計を変えずに作られてきたT型もGMのシボレーの追い上げに対抗してついにモデルチェンジします。1927年に発表されたA型はT型と共通する部品がない全くの新型で、エンジンは4気筒 3285cc 40HPにパワーアップし、3段変速機や4輪ブレーキを採用していました。また実用一点張りのT型の安っぽいイメージを払拭するため上記のリンカーンをイメージさせるデザインとなっていて好評でした。

愛媛輸入車ショウスイーツパスポート特別号

有料入場者の方には、「愛媛輸入車ショウ スイーツパスポート特別号」をプレゼント!

愛媛輸入車ショウスイーツパスポート特別号

※画像はイメージです。

認定中古車フェア

正規輸入車ディーラーの認定中古車が勢ぞろい。
出展ブランド続々公開中!

AMUSEMENT ZONE

メガネ タカイWEBドライビングサングラス
7GRAIN/セブングレインWEBビンテージカーや愛車の部品を組み込み手作りで仕上げた家具。
(株)クレディセゾンWEBアンケートでドリンクプレゼント。またセゾンカードにご入会でUCギフトカードプレゼント。
さらにガラポン抽選で素敵な商品プレゼント。
マッハ車検 松山余戸店WEB安い・早い・安心のマッハ車検。早期ご予約でプレゼント進呈。
ENJOY! CAR LIFE 車楽WEB車の美容院というコンセプトで、県下3店舗で車をキレイにしています。